代表者経歴

2013-07-02
氏 名  近藤 秀尚 (こんどう ひでたか/Hidetaka Kondo)
出身地  大阪府大阪市 (1963年生まれ)

大阪電子専門学校情報工学科を卒業後、大阪のソフトウェア開発会社に就職。
システム部システムエンジニアとして受発注業務・在庫管理・営業支援システムの開発に従事。
このころ 趣味でしていた山歩きで目にした荒廃してゆく山々をなんとか救えないものかと13年間勤めた会社を退職。
平成7年に五箇山森林組合に転職、富山県旧上平村に住まいを移し森林整備に携わる。
世界遺産合掌造りの保守(茅葺き屋根の葺き替え)にも携わり、古き良き日本文化のすばらしい知恵に感動するも、山仕事よりも合掌造りの保守の仕事がしだいに多くなり、山守としての仕事に疑問を感じ退職。
地元建設会社を経て富山県南砺市旧城端町に有限会社さくらシステムを設立。

 私の経歴を見られた方は「なぜ、システムエンジニアから森林組合で山仕事してたのですか。」と良く聞かれます。
「崩れゆく自然を自分の手で何とかしたい。」という気持ちはたしかにありましたが、それ以上に都会での生活に疑問を持ち始めていたのでしょう。
郊外から満員の電車に乗り込み1時間以上の時間を掛けて通勤して、一年中空調の効いた部屋でモニターに向かう。
窓から見えるのは隣のビル、重いアタッシュケースに資料を詰めて一歩外に出ると、夏はアスファルトの照り返しと空調から吐き出される熱風。
繁華街で飲み歩いても何か満たされないモノが心の中で引っ掛かっていました。
どこかで人間らしさを求めていたのかも知れません。
 富山で生活をして都会で求めていたモノが100%得られたかは解りませんが朝目覚めてカーテンを開けると、四季折々の風景を楽しませてくれる山々が当たり前のようにそこにあります。
この「当たり前」な日常の事柄が都会では特別な事なのです。
 東京や大阪の都会に行きますと、そこに住んでいたときには決して感じなかったであろう事があります。
都会の空気には匂いがあるんです。(どんな匂いかは、あえて言いませんが)その匂いをを感じる度に都会での生活には戻れないなと想います。

Copyright(c) 2005-2017 有限会社さくらシステム All Rights Reserved.