JavaScript 再入門(その6) 算術演算子

JavaScript の算術演算子は加算、減算、乗算、除算の +、-、*、/、そして剰余演算子の % です。
値は = を使って代入されます。
+= や -= のような複合代入文もあります。

const x = 3 , y = 2 ;
let res ;
res = x + 2 ;
console.log( res ) ; // 5
res += y ; // 5 + 2
console.log( res ) ; // 7

** べき乗演算子 *ES2016

const x = 3 ;
let res ;
res = x ** 2 ;
console.log( res ) ; // 9

++ や — を使ってインクリメントやデクリメントができます。
前置と後置では動作が変わってくる場合があります。
前置:インクリメントまたはデクリメントを処理後に値を返す。
後置:値を返してからインクリメントまたはデクリメント処理する。

let x = 3 ;
let res ;
res = ++x ; // 前置
console.log( res + ' : ' + x ) ; // 4 : 4
x = 3 ;
res = x++ ; // 後置
console.log( res + ' : ' + x ) ; // 3 : 4

+ 演算子は文字列を結合することもできます。
型が文字列であれば、最初に文字列に変換されます。

let res ;
console.log( 'Hello' + ' world' ) ; // Hello world
res = '3' + 4 + 5 ;
console.log( res , typeof(res) ) ; // 345 string
res = 3 + 4 + '5' ;
console.log( res , typeof(res) ) ; // 75 string
res = '' + 345 ; // 文字列型への変換
console.log( res , typeof(res) ) ; // 345 string

単項演算子 + は、数値でない型を数値に変換します。

let x = '3' ;
let y = '2' ;
console.log( x + y ); // 32 string
console.log( +x + +y ); // 5 number

参考:
MDN 開発者向けのウェブ技術 > 式と演算子
MDN 開発者向けのウェブ技術 > JavaScript「再」入門