JavaScript 再入門(その7) 比較演算子

JavaScript の等価・不等価演算子には、厳密等価・厳密不等価演算子があります。
厳密等価・厳密不等価演算子、 === 、 !== は型と値を比較します。
等価・不等価演算子、 == 、 != は型が異なる場合はNumber型へ変換をおこなってから値を比較します。

console.log( 3 == '3' ) ; // true
console.log( 3 === '3' ) ; // false

JavaScript の switch 文は厳密等価で評価されます。
(PHP の switch文は等価比較なので、 PHP での switch文の利用は推奨されません。)

let x = '3' ;
switch (x) {
	case 3:
		console.log('Number') ;
		break ;
	case '3':
		console.log('String') ;
		break ;
	default:
		console.log('FALSE') ;
}
// String

大小の比較

console.log( 2 > 3 ); // false
console.log( 2 >= 3 ); // false
console.log( 2 < 3 ); // true
console.log( 2 <= 3 ); // true

参考:
MDN 開発者向けのウェブ技術 > switch
MDN 開発者向けのウェブ技術 > 式と演算子
MDN 開発者向けのウェブ技術 > JavaScript「再」入門