一般事業主行動計画

社員が仕事と子育ての両立をはかり、社員がその能力を十分に発揮できるように、働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 令和1年8月1日~令和3年7月31日までの 2年間

2.内容

■目標1:計画期間内に、男性社員の育児休業もしくは子の看護休暇の取得率を次の水準以上にする。
目標水準:計画期間中に全制度併せて一人以上の取得とする。
<対策>
・令和1年8月~
男性社員へ向け、社内の育児休業制度、看護休業制度を周知する。

■目標2:夏季休暇や年末年始休暇以外にも長期休暇が取りやすい環境の整備を見直す。
<対策>
・令和1年8月~
長期休暇を想定し、仕事内容の相互理解を促進するためのミーティングを定期的に行う。

■目標3:社員の子らが働く親の姿を実際に見学できる「子供参観日」の実施
<対策>
・令和1年10月~
独身及び子のいない社員への協力を呼びかけ、次世代育成についての意識を高める。
参観日を親子の楽しいイベントになるよう会社全体で協力する。

前の記事

社名の由来

次の記事

沿革