近藤プロフィール

近藤 秀尚

役職

取締役社長

主な職域

経営 / 人事 / 営業 / 広報 / コンテンツ企画 / Webプログラミング / 備品調達 / 清掃

扱える言語やソリューション

PHP / JavaScript / HTML / Bootstrap / WordPress / MySQL / Chartjs / amCharts / COBOL / makita 充電式クリーナー

プロフィール

さくらシステム代表 創業者
大阪府大阪市出身

1983年 大阪市のソフトウェア開発会社に入社主に業務系ソフトウェアの開発に従事し、COBOL / Unix C / VB3 を経験する。COBOLはラインエディタ、MS-DOSではEDLIN、Unixのviエディタでスクリーンエディタに衝撃を受ける。VB3ではそれまでの手続き型プログラミングからイベント駆動型プログラミングへのパラダイムシフトに歓喜する。

マークカードやパンチカードでのプログラミング経験があり、2000ステップのCOBOLソースを打つためにパンチマシーンを長時間専有して事務方のヒンシュクをかった経験あり。
入社1年目で10Mのバックアップに1.5時間かかるためバックアップを取らずに帰った翌日にディスククラッシュし部長に大目玉を食らった経験あり。

勤務後に夜行列車で新潟県高田市の工場へプログラム納品のため往復し、早朝大阪に戻りそのまま客先へ行ったり、東京で朝までC言語でMS-DOSのタブレット端末用デモプログラムを作成し朝イチののぞみ(当時は1日朝晩2往復東京発朝6時ごろだった)で大阪に帰りそのまま客先へ行った経験あり。
この頃はロッカーにお風呂セットを用意して事務所近くの銭湯に行くことも日課となっていた。

繊維業の帝人様では本社の繊維開発技術者の方になぜか気に入られ、オフコンのシステムをMS-DOSのTOSHIBAダイナブックJ-3100ノートパソコン(プラズマディスプレイの文字が赤色 10MB HDD)に移植するという大役を仰せつかる。
まともなデータベースもないのでシーケンシャルファイルと疑似リラティブファイルを組み合わせた自作のデータベースを設計作成してTurbo Cでなんとかプロトタイプらしきものを作成。総ステップ数は10,000ステップに迫るものを単独で開発しましたが、まだC言語の知識もそれほどなくポインタの使い方もおぼつかない状態でしたのでご迷惑をおかけしました。
私が会社を退職するときには、わざわざホテルでの昼食にお誘いいただき本当に感謝しています。大変良い経験をさせていただき本当にありがとうございました。

自転車ブレーキメーカー吉貝機械(DIA-COMPE)様ではBOMを始めとする部品生産管理を経験、当時のオフコンの性能ではどうしようもない多品種多部品半製品管理に、トラブル続発で大変ご迷惑をおかけしました。

京都の華道で有名な池坊の法人華道社様では、会員管理システムを開発させていただきました。
当時のカード決済はオンラインではなく決済情報が磁気テープで送られてきて購入情報との突き合わせが行われていました。
開発担当者様には残業時にはおいしい鍋焼きうどんをごちそうになり(今でも京都に行くと食べにいきます。)本当によくしていただきました、華道の歴史も教えていただき教科書の登場人物でしかなかった小野妹子が開祖であることを知り日本史が身近に感じられました。
退職後担当者の方が癌で若くして鬼籍に入られたと聞き非常に残念でした。

このような華々しい(?)技術者としての人脈と経験をすて、富山県の五箇山森林組合(現富山県西部森林組合)に転職。

1995年 転職を機に富山県でも奥深い東礪波郡上平村(現南砺市)に移住し田舎暮しを始める。
後に世界遺産となる五箇山合掌集落の合掌屋根の葺替え作業にも従事する。
合掌屋根の葺替えでは合掌屋根の顔ともいえる「破風」の 葺上げを主に担当していました。
山仕事からは非常に学ぶものが多く、すべての作業は自分の足と体力が勝負でした。最初の2年間は精神的にも体力的にもきつかったですが、いかに効率的で安全に作業をすすめるかを常に考える習慣が身につきました。

ツキノワグマ / ニホンカモシカ / ニホンザル / 山ネズミ / マムシ / ヤマカガシ / サンショウウオ / モリアオガエル 等に遭遇することは日常的。アブやオロロ(イヨシロオビアブ-刺されると猛烈なかゆみと腫れ)に巻かれるのは夏の風物詩みたいなもので、羽音がブンブンする中で平気で昼寝できました。アシナガバチやミツバチに刺されるのも日常茶飯事ですが、キイロスズメバチやクロスズメバチに全身24箇所刺されたときは強烈に痛かったです。

2002年 五箇山森林組合を退職。今思えばさくらシステムを始めるための準備期間でした、地元の建設会社で現場作業に従事しました。

2005年 8月 富山県南砺市城端で、さくらシステムを起業し現在に至る。

さくらシステムの代表を務めるかたわら、副業で犬二匹( カニヘンダックスフント / 黒柴 )と猫の執事を無給で務める。
仕事がインドアになった反動で、プライベートではアウトドアで過ごすことが多い。

キャンプ歴は長く、バックパッカーとして岐阜県長良川の河川敷を放浪していたこともある。家族ができてからは、それまで軽蔑していた大量の物資を車で運び込むオートキャンプにすんなり鞍替えする。子供が成人してからは足が遠のき、年に1回行ければ良い方であるが、犬猫がいるので泊りの旅行=キャンプの選択肢しかない状態。誰も相手してくれないので夜は一人ぼっちでひたすら焚き火をして、ひたすらビールと日本酒を飲む。何故か焚き火の側では飲みすぎても二日酔いしない。

50歳を過ぎたら自分の体力への過信は禁物なので、登山とよべるような厳しい山行はしない。年に一度、立山室堂から周辺の山に登って満足する。立山には日本中のアスリートともよべる登山者が沢山集まるので、その雰囲気を感じるだけで良しとする。無謀な山行は YouTube を見て行った気になり、足腰と反比例して口だけは達者になる。

五十の手習いではじめたボウリング。小中学生の草野球でも8番セカンドと、もともと球技が苦手で、つきあいでお遊びボウリングには行ったことがあるが、そんなに好きでも得意でもなかった。生まれながらの器用貧乏で、大概のスポーツはそれなりにこなせるが大成もしないのだが、25、6歳の頃デートでいったボウリングでターキーと175という、その後数十年使われる「あぁボウリング? 最高スコアは175ぐらいかな(フッ)」というセリフの根拠となる奇跡をおこす。PBAのローダウンボウラーに衝撃を受け、週2回 / 1回8ゲームのペースでセンターに通い年間約800ゲームをこなすが、その努力の割には、最高スコア 242 アベレージ 150 となんとも平凡な結果となっている。

三島由紀夫の
「まことに人生はままならなもので、 生きている人間は多かれ少なかれ喜劇的である。」
を心にとめてはいるが、水上勉の「金閣寺炎上」は読んではいるが、三島由紀夫の「金閣寺」は敷居が高そうなので未読である。

保有資格

全商連簿記検定一級 / 日商簿記検定二級/ 第二種情報処理技術者試験合格 / 普通自動車一種免許 / 二級小型船舶操縦免許 / チェーンソー使用者特別教育修了 / 車両系建設機械運転技能講習修了 / 小型移動式クレーン運転技能講習修了 / フォークリフト運転技能講習修了 / 玉掛け技能講習修了 / 林業架線作業主任者 / 木材加工用機械作業主任者技能講習修了 / はい作業主任技能講習修了 / 土止め支保工・地山の掘削作業主任者技能講習修了

現職で役に立つ資格はほとんどありません。

システム開発に関することなら
お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご相談

お見積り依頼や
詳しい相談をされたい場合には
お問合せフォームを
ご活用ください。

会社案内ダウンロード

社内でご検討されたい方のために
開発事例などをまとめた会社案内を
PDFでご用意しております。
ご自由にダウンロードください。

採用情報

さくらシステムは技術者を随時募集しています。

直接取引が多いため無理なスケジュールの案件が少ない。
受託だから、様々な企業の案件を手掛けることができる。
社内のエンジニアと技術的な連携をとりながら開発ができる。
経営者直下の体制なので、自分の裁量で動かせる範囲が大きい。
小さな会社なので、働き次第で会社の中核に入ることができる。
顧客と直接接するため、交渉力やリーダーシップが身につく。

お電話でのお問い合わせはこちら

0763-62-3450

平日10:00~17:00まで。セールス目的のお電話はご遠慮ください。